最近、かなり話題になっていますが、東銀座の「歌舞伎座」が、この4月30日をもって閉場し、3年間の工事期間に入ります。

歌舞伎好きの私にとっては、まさに「聖地」
どれだけ通ったことでしょう?

確かに建物の老朽化も進んでいますし、バリアフリーには程遠い構造です。
お年を召した方が、3階席まで階段を昇るのは、容易なことではありません。
でも、建物のいたるところで歴史を感じることが出来、先日、最後の観劇の折には、休憩時間に劇場の隅々まで、くまなく走り回りこの目に焼き付けてまいりました。

4階の「幕見席」にも良く行きました。
本当に「天井桟敷」で、舞台はかなり下。花道は、ほとんど見えませんが、意外と「ツウ」の方が多く、たとえお芝居が良く見えなくても、声をかける方がたくさんいらっしゃいます。

「なりたや~~」「なかむらや~~」「まつしまや~~」と、その役者の屋号をタイミング良く声をかける「大向こう」の方々。
客席と舞台が調和する瞬間が、私は大好きです。

大道具の舞台転換もものすごいチームワークで、一瞬の無駄もなく、お芝居の流れを止めることなく、次の場面へ繋げる技術は、歌舞伎400年の歴史のなせる業のように感じます。

外国人の方も良く見かけるようになりました。
また、歴代の総理、皇室の方々も良くおいでになっておられました。

あの大きな劇場でマイクを使わない歌舞伎。台詞がどこの席でもきちんと聞こえるのは、もちろん役者の方の日々の精進の賜物ですが、音響もきっと素晴らしい劇場だったんだと思います。

今の歌舞伎座がなくなるは、とても残念ですし寂しいですが、3年後の新劇場も楽しみです。
3年後を楽しみにしたいと思います。

0

今日は、月に一度、お邪魔している企業さまでの「アクションラーニング」研修日でした。
守秘義務があるので、詳細は述べられませんが、とても奥深いセッションが行われました。

メンバー全員が「問題だな」と思っていても、中々切り出せない状態が続いていた・・・とのこと。
今日、思い切って「問題提示」をしたところ、「問題点」が浮き彫りになってきた。
ただ、すぐに解決する問題ではないので、「いつもメンバーが気にかけている状態がある」ということでも問題解決につながっていくように感じるセッションでした。

ある一人の方が、「これは、意見を言い合うのではないから、問題を直視できた」とおっしゃいました。
確かに「意見」だとどうしても「考える」ということが、深まらないように感じます。
「質問」の偉大さを体で感じること、そして、情報の共有から未来への力が湧いてくるようなセッションでした。

メンバーの皆さん、ありがとうございました。
そして、勇気を出して「問題提示」をしたTさん、ありがとうございました。

0

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では、誠に勝手ながら下記のとおりゴールデンウィーク休暇をいただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

通常営業 : 2010年4月26日(月)~28日(水)
        
休暇    : 2010年4月29日(木)~5月5日(水)
      

0

今年、弊社が担当させていただいた新入社員研修は、ほぼ終了いたしました。
皆さん、不安と期待でいっぱいの気持ちで、社会人としての第一歩を踏み出しました。

アルバイト経験も豊富な現代の新入社員ですが、やはりアルバイトとは、一味もふた味も違う「社会人」としての心構えを研修で掴み取っていかれたことと思います。

今年は、競争心が少ないな~と感じました。
例年、研修の中で「ビジネスゲーム」などに取り組む場面があります。かなり皆さん熱くなり、チームが勝てるように燃えるのですが、今年は割りとおとなしく、それなりに・・・という感じで、企業に入ってからがちょっと心配になったりしました。

これだけ、競合が多い中で仕事をしていくわけですから・・・
「この程度でいいや」と自分でハードルを低くしてしまうのは、残念に思いました。

しかしながら、何はともあれ、社会人として長い道のりを歩いていくわけですから、
「明るく、楽しく、元気良く」仕事や周りの方に関わっていってほしいと願っております。

「常に誠実に。そして、その人の仕事ぶりは、どこかで、誰かが見ている。人とのつながりを大切にしてください」
今年の研修で、私から新入社員の皆さんに贈った言葉です。

0

今日、4月4日は「調律の日」だそうです。
何故って??

・4月は April で頭文字がA。これは調律の基準音である。
 
・A音(ラの音)は440Hzなので、この数字にふさわしいのは4月4日である。

という理由で、1994年に日本ピアノ調律師協会が定めたそうです。

現代のピアノは基本的にどの音の間も同じ間隔の「平均律」が使用されています。
これは、どの調に移調しても同じ感じの音楽を
演奏できるということです。

私も幼い頃からピアノを習っていたのですが、年に一度は調律をしていました。
今は、あまりピアノを弾いていないので、調律もすっかりご無沙汰ですが、
ピアノのタメにも年に一度は、調律・・・つまり人間でいう「健康診断」をしてあげないと
いけないな・・・と思いました。

何事もメンテナンスが必要ですね。

ちなみにNHKの時報の音は、440-440-440
-880Hz だそうです。

0

「困難から逃げない」

われわれの人生というものは、いろいろな問題がたくさんあります。
ある場合には迷うこともあるでしょう。しかし、しょせん迷っても、お互い自分の知恵裁量というのは、ほんとうは小さいものです。だから、「これはもうしかたがない。ここまできたのだから、これ以上進んで結果がうまくいかなくても、それは運命だ。だからこのままいってしまおう」というように度胸をきめてしまう。そういうようにした場合には、案外、困難だと思っていたことが、スムーズにいって、むしろ非常によい結果を生んだ、ということにもなるのではないかと思うのです。

(昭和36年4月・松下電器新入社員導入教育)

      松下幸之助から未来のリーダーたちへ   松下幸之助 述より

0

昨晩、日本列島を春の嵐が通過した。
東京では、明け方、ものすごい風雨で目がさめるほどだった。
その嵐が過ぎ去ったあとは、暖かな日差しが差し込み、穏やかな一日となる筈だった・・・

お昼前に大阪の友人から悲しい知らせが届いた。
予想もしていなかった方の訃報。
アクションラーニングの勉強をとても熱心にされ、ご自身のお仕事にも活用されていた。
また紳士であるS氏は、手品で皆を楽しませてくれ、暖かい心の持ち主であった。

まだ55歳の若さ。
少し体調を崩されていたので、時々、メールでおしゃべりをしたりしていた。
「素敵なホームページになりましたね。アクションラーニングのことが、詳しく書かれていて、
わかりやすくなりましたね」というのが、2月末におしゃべりした最後のメールになってしまった。

技術屋さんらしく、細かい作業がお好きで「定年になったら、プラモデルをゆっくりと作りたいんだ」とおっしゃり、たくさんのプラモデルを購入されてた。時間を気にせずに製作できる日を夢見ていらしたことだろう。

まだまだ、やりたいこともたくさんおありだった筈。
春の嵐とともに、S氏は天国へ旅立たれてしまった。
早すぎる・・・

S氏が教えてくださったこと・・・それは「今を大切に」ということのような気がする。
ご冥福をお祈りしたい。

0

3月に入ってすでに1週間が過ぎました。
この間、温かい日と寒い日が繰り返し訪れ、まさに「三寒四温」。
しかし「三寒四温」とは元々中国や朝鮮半島で言われている言葉のようです。
本来は真冬の言葉で、シベリア高気圧の強弱の周期を言っていたようです。日本では、冬から春の時期、低気圧と高気圧が交互に通ると、低気圧が来る前に暖かくなって、通過すると寒くなる・・ということを繰り返すため、この「三寒四温」が合っていたように思え、日本独自の言葉として広がったようです。

このように「言葉」は生きていると、常日頃感じます。そして、「言葉」は変化していくものだということも感じます。
たとえば、「立ち上げる」という言葉。これは、コンピューターや機械用語だったものが、現在は何にでも使われるようになりました。
「会社を立ち上げる」「新規事業を立ち上げる」・・・

ただ文法的に言うと、自動詞(立つ)と他動詞(上げる)の組み合わせは日本語の使い方としては一般的ではなく、美しさや「言葉」の奥深さが失われているように思う方もいらっしゃるようです。

確かに何でも「立ち上げる」で済ませてしまうのも、「言葉」が貧弱になってしまうように感じます。そのとき、そのときで適切な「言葉」を選んで伝えていくことを培っていきたいと思います。
私の文章は、はたして適切でわかりやすい「言葉」で書かれているのでしょうか・・・?
常に気にかけてまいりたいと思っております。

0

二人のカナダの心理学者が、競馬場にいる人々について興味ある事実を見出しました。馬券を買った直後では、買う直前より、自分が賭けた馬の勝つ可能性を高く見積もるようになっていたのです。もちろん、その馬が勝つ可能性は現実には全く変わっていません―――同じ競馬場だし、同じコースだし、同じ馬です。しかし、ひとたび、馬券を買ってしまうと、馬券を買った人の心の中では勝つ見込みが明らかに高まっていました。このことは、一見奇妙に思えるかもしれませんが、この劇的な変化はありふれた社会的影響力の武器と関係があります。他の影響力の武器と同様、私達の中に深く横たわり、静かな力をもって私達の行動を導きます。もっと、簡単に言えば、自分が既にしたことと一貫していたい(そして、一貫していることを見てもらいたい)という、ほとんど強迫的ともいえる欲求によるものなのです。ひとたび、決定を下したり、ある立場を取ると、そのコミットメントと一貫した行動を取るように、個人的にも対人的にも圧力がかかります。その圧力によって、私達は前の決定を正当化するように行動するのです。

「影響力の武器」 -なぜ、人は動かされるのか-   ロバート・B・チャルディーニ 著 より

0

バンクーバーオリンピックもいよいよ佳境に入ってきました。
フィギュアスケートは、男子、女子ともに注目の競技。
(高橋選手3位、おめでとう!!)

特に女子の美しい演技は、うっとりと見とれてしまいます。
「一人でここまできたのではないので」「多くの方に支えていただき」というコメントを選手の方は、良く言います。
コーチはもちろん、家族、友人、ファンの方、それに体力を維持するためのトレーナー、そして管理栄養士の方をつけている選手もいます。

周りで支えてくれた人々の期待と多くの国民の期待を背負って、競技に参加する選手はどれだけのプレッシャーがかかっているのでしょうか・・・

そんな中でメダルを目指す日本の選手を育成する環境は、他の国に比べてもかなり劣っているようです。
常にたゆまぬ努力を続け、憧れの夢の舞台・・・オリンピックで、全力を出し切り結果を出すことがいかに大変なことか・・・

目に見えないところでの日々の努力が、この大舞台で実を結んで欲しいと願わずにはいられません。

0