100607_1355~01.jpg関西に出張していた折に、奈良の「唐招提寺」で毎年6日の鑑真和上の命日をはさんで6月5日~7日まで国宝鑑真和上坐像を奉安する御影堂の厨子が特別に開扉することを知りました。

滅多にないチャンスですので、大急ぎで奈良まで行ってきました。
「歴史ブーム」といわれていますが、多くの方がお参りなさっていて、大賑わいでした。

歴史の教科書には、そのお写真が載っていますが、やはり本物を拝顔すると、心が洗われるような気持ちになりました。
どれだけ苦労なさって日本においでになったのか・・・想像もつきませんが、初心を貫くことと自身の使命感を持つことは、現代においても同じことが言えるように思います。

穏やかなお顔を拝顔し、より一層、私も(弊社も)起業し、今のお仕事をさせていただいていることへの感謝とさらに努力をしていこう・・・と改めて思った次第です。

0

6月に入りました。
7日から今日まで、出張しておりました。
なかなか、密度の濃い、現場ですぐに役立つ研修を提供するには、こちらもそれに見合った準備が必要です。
ただ、一緒に「創り上げていく」という研修は楽しさ、ワクワク感があります。

毎月、お伺いしている企業さんは、今とても成長している企業さんです。
店舗での接客やスタッフの方とのコミュニケーションの取り方のレベルアップ・・・というテーマで各店舗の店長さんと一緒により良い(つまりは、売上も上がる)接客を皆で考えて、実際にロープレをしながら、同時にマニュアルも作っています。
毎月、お伺いしているので受講してくださっている店長さん方とも打ち解けて、研修の内容も毎月、濃くなっていくのを感じています。

これが、とても楽しいし、それこそ「創り上げていく」というプロセスに関わらせていただくので、私達、講師もより一層、力が入ります。

お客様により適切に伝わる説明は・・・?
お客様にとって、この順番で良いのかしら・・・?
お客様がご覧になったら、どう思うか・・・?
など、相手視点で考えていくと、いろんなことが見えてきます。

何もお客様に限ったことではないのですが、「相手の立場に立つ」ことが出来ると、声のかけ方、伝え方、話の切り出し方など、多くのことが変わってくると思います。
自分視点から相手視点へ・・・
日常でも心がけていきたいことですね。

0

アメリカ・オレンゴン州に本社のある「パシフィック・ドリームス・インク」(弊社とパートナー企業)との共催で、下記の通りセミナーを開催いたします。

もはや企業は、製品の品質や高機能だけでの競争では、生き残れないようなグローバルな
ビジネス環境の中に置かれています。このような現代の熾烈な競争状況にあって、
ターゲットを絞り込んだマーケティング戦略とステークホルダーとの間のマーケティング・
コミュニケーションは、企業においては必須の実践的ツールです。

世界のトップ企業は、マーケティング・コミュニケーションの重要性に着眼し、グローバルな
市場における現在のポジショニングを獲得しています。

本セミナーを通じて、アメリカのマーケティング・コミュニケーションの最前線からの理論
ならびに各社のケーススタディから核となるポイントを学び取り、皆様の現場における
実践的な活用と応用を目指していただきたいと思います。

講師は、パシフィック・ドリームス・インク 代表取締役  酒井 謙吉氏

★主な内容
  伝統的なマーケティング手法から最新のマーケティング手法へ
  マーケティング・ミックスとは
  市場セグメンテーションの理解
  ポジショニング戦略
  マーケティング・コミュニケーションとは
  ニッチ・マーケティングとスイートスポット  他

開催日時 : 2010年7月2日(金) 13:15~16:45

開催場所 : 有楽町国際ビジネスセンター 【地図】 
           千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル

受講料  : 10,000円 (税込み)

お問合せ・お申し込みは、こちらまで

0

なぜか、危機の時代は、指導者が頻繁に変わる。
首をすげ代えれば、危機も打開できるかと、人々は夢見るのであろうか。
だがこれは、夢であって現実ではない。

        日本人へ 「リーダー編」      塩野七生 著 より     

0