上司の指示に対して、明るく・元気よく「はい、わかりました!」と言う部下。
「大丈夫だな」と思って上司が安心していると・・・

「え〜〜、そんなことしちゃったの?!」
「おいおい、わからないなら早く聞いてよ・・・」

なんて経験のある上司の方、少なくないようです。
こんなとき、どうしたらいいのでしょうか?

部下の本音・実情は…?

部下が「わかりました」と言っていても「わかっていない」ケースがある。
上司としては、これを視野に入れておかなくてはなりません。

また、上司の説明を受けて「こうだろう」と思い込んでしまうこともあります。
これは「上司と同じ絵が見れていない」にも関わらず、本人(部下)は全く気づいていないケースです。

もう一つ、「あまり良くわかっていないけど、聞くに聞けない」と言うケース。
部下としては聞きたいんだけれど、「どうしようかなぁ」と思いつつそのまま飲み込んでしまう。つまり…

「聞きにくいなぁ」
「こんなこと聞いちゃいけないんじゃないか」
「『わからない』って言えないよ」
「こんなこと聞いたら何て思われるか・・・」

と言ったことが脳裏に渦巻いて、聞けなくなってしまっているわけです。

上司が心がけたい「伝え方」

では、上司としてはどんな風に伝えていけば良いでしょう。

まずは「どのような成果物を出して欲しいのか」と言う点まで伝えてから、指示を出すようにすると良いと私は思います。
その際、「ゴールイメージ=成果物の具体的な要件」を明確に伝えることがとても重要です。

その上で、部下から「伝え返し」をしてもらうと良いと思います。
たとえば「どのような計画で進めるのか?」「どんな成果物にしようと思うか?」を聞いてみるのが良いでしょう。

同時に「この期限があればやれるだろう」あるいは「この期限までにやって欲しい」と言う「期限」を理由とともにきちんと伝えることが求められます。
つまり「納期はいつまでだよ」ということについて、はっきりと合意を取ることです。

そもそも「人は言う通りには動かない」

ただし、もし「部下を完全にコントロールしよう」と言う考えをもっているとすると、上司側としては過剰な考えです。

部下は人間であってロボットではありません。

自分の思い通りに動くような部下なら、わざわざ「人間」を雇っている意味がなくなります。
上司の思い通りに動くわけではないからこそ、「思いもしなかったような成果」も生み出されると思います。

だからこそ、上司と部下のコミュニケーションは丁寧に、細かく行うことがとても大事な要素だと私は思います。

0

人手不足が深刻になってきている現在、採用募集をして応募してきた方をすぐにでも採用したい!と思う気持ちは、山々だと思いますが、採用にはぜひ、慎重になってほしいと思います。

では、採用面接で人柄を見る時、どんな点を見て、どんな質問をすると良いのでしょうか?

私は「素直さ」「情報キャッチ力」「やり抜く力」の3つは必ず見るべきだと思っています。

ポイント1.素直さ

まず「素直さ」とはなんでしょう・・・?

改めて考えると、一言で言い表すのは難しいですよね。

私は、素直さとは「自分がそれまで経験したり考えてきていたことと違っていても、一旦、受け入れることが出来る」ということだと思います。

ではなぜ、大事なのでしょうか?

人の成長は「行動が変わること」だと思います。「今の自分と違うものを受け入れられない」ということは「変われない」ということになります。
つまり、行動を変えることが出来ないわけですね。「変えられない」ということは、同時に「学びが起きない」ということにも繋がります。

「素直さが大事」というのは、決して「考えを持たずに人のいいなりになる」ということではなく、「自分の考えはきちんと持ちつつ、違う考え方や意見も一旦、自分の中に通して考えることができる」ということですね。

「素直さ」を見極めるための質問としては、

「影響を受けた人は?」
「考えが、ガラッと変わった経験はありますか?」

というような質問をして、その結果として何があったのか?それがどのようなことなのか?・・・を私は、聞いていっています。

ポイント2.情報キャッチ力

次に「情報キャッチ力」とはどういうことでしょう・・・?

情報が溢れている現代において、実はこれ、意外と難しいと思います。あまりに多くの情報が流れていく中では、きちんとアンテナを張っていないと、情報をキャッチできません。

この情報量の多さの中で、「周りで起きていることに関心を持って気づく感度 × 視点を変えて物事を見る幅広さ」が情報のキャッチ力かな・・と思っています。

ではなぜ、大事なのでしょうか?

何も気にしていないと当然のことながら情報は入ってきません。大量の情報が流れていってしまうだけです。

でも、キャッチ力のある人は、情報を受け取る量が絶対的に変わります。ということは、たくさん受け取った情報の中から取捨選択が出来る様になります。つまり質の良い情報をキャッチすることが出来る様になります。

同時にそれは、学ぶ機会を多くしていると思います。情報のキャッチ力が低い人は、あらゆる意味で機会が少なくなって行きますよね。

「情報キャッチ力」を見極めるための質問としては

「今日、何か面白いことあった?」
「今、どんな本を読んでいるの?」
「最近、観た映画は?お芝居は?」

と言った点を聞くことで、おおよその情報のキャッチ力が見えてくると思います。

ポイント3.やり抜く力

最後の「やり抜く力」とは、粘り強く一つのことを最後までやり通す能力、そして努力することが出来る能力のことです。

「GRIT」などとも呼ばれ、近年ビジネスパーソンに必須の力として注目されていますね。書籍もベストセラーになりました。(アンジェラ・ダックワース『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』 ダイヤモンド社、2016年)

では「やり抜く力」は、なぜ大事なのでしょうか?

私は、「やり抜く力」というのは、能力を向上させていくことに絶対的に必要な資質だと思っています。

仕事は、何と言っても粘り強く取り組むことが求められます。そして結果を出していかなくてはなりません。つまりこのやり抜く力は、その結果を出すためにも必要な資質だと思います。

ちなみに、以前、読んだ「GRIT」の書籍には、

能力=素質×努力
成果=能力×努力
ゆえに
成果=素質×努力×努力=素質×努力の2乗

と記されていました。

「素質」とはその人が元々持っていた適性のようなもの。それも成果には影響する。けれど、「努力」の方が圧倒的に(2乗で)成果をもたらす。ということだそうです。本当にその通りだなと思います。

「やり抜く力」を見極める質問としては、「実際にやり抜いたこと」の経験を聞くと良いと思います。前述の書籍では、

「年単位で継続した活動が複数はあるかどうか?」

という点を聞くべきとしていました。複数のことを年単位でやり抜く・・・これは大事な要素だと思っています。
特に私自身は、「3年以上継続している活動がある」というのが、大きなポイントになるかと思います。

以上の3つのポイント・見極める質問は、それぞれお互いに関係していると思います。
3つの中でも、特に私が大事だと思うのは「素直さ」です。これが仕事をしていく上で「究極的に大事な資質」ではないでしょうか。

0