お正月気分もすっかり抜けた感じがします。

今年は、どんな一年になるのでしょうか・・・年々、時間のたつのが早く感じられます。
今年は、東京はとても穏やかな三が日でした。

箱根駅伝は、東洋大学の圧勝でした。「箱根のあの坂をどうして、あんなに早く走って登れるのか・・・」いつもテレビを見ながら感じます。

この駅伝の放送中に「チーム力」という言葉が何回か聞かれました。
次に襷を繋ぐ仲間が少しでも良い走りができるように、少しでも楽に走れるように、少しでも相手より引き離してゴールできるように、と常に仲間のことを思いつつ、自分の役割を果たしていく・・・そこに駅伝の魅力があるのかもしれません。

仕事でも同じことが言えると思うのですが、このような仲間と仕事をしたら、自分一人ではなし得ない、大きな仕事、意義ある仕事に結びつくように思います。

そんな仕事ができるのは、チーム力だったり、普段のコミュニケーションだったり、相手を思いやる気持ちだったり、日々の積み重ねだと感じます。

どんな仕事も一人では出来ません。そして、どこかで誰かがその仕事を見ているのです。

今年は、弊社もチームを組んで「チーム力」を最大限に発揮した仕事をしてまいりたいと思います。

0

対話を重ねていくとすべてのものが「浄化」されていく

対話を通して不透明なものが透明になる。漠としてみえなかったものが見えるようになる、今あるものがよりよいものに高まっていく。対話を何より重視
した古代ギリシャの哲学者たちも、人間の魂はいろいろな思い込みによって曇っているが、多くの人との対話によって浄化されていくと説いた。

   勝見 明著    鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」より

0

あけましておめでとうございます。
皆様のご健康、ご多幸を心よりお祈りしております。

「不況」「2番底」「デフレ」とマイナスな言葉とともに2009年が終わりました。
明けて2010年の今年は、どのような一年になるのでしょうか。
大学生の就職が、氷河期より悪い・・・と言われたり、3月には倒産する会社が激増するのでは・・?と、暗いニュースばかりが目立ちます。
しかし、どんな仕事を選らんでも、最後は「人」というほかありません。

その「人」が、『働きやすい職場で、生き生きと働くけるように』お手伝いさせていただくのが、弊社の役割だと考えております。
今年も「人材育成」に地道に取り組んでまいります。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

0