5月も半月が過ぎました。
先日のインストラクター養成基礎研修の中で、「手の力」というようなことをお伝えしました。

手の動きを使っての説明・・・は、時として人に物事を伝える時に大きな力を発揮します。
たとえば・・・
「注意していただきたいことが、3点あります」といった時に、「3点」という時に顔の前に指を3本出すとわかりやすく伝わります。

ただ、どんなことでも手を使えばいいか・・・というとそうでもなく、やはり「ここはしっかりと伝えたい!」という時に言葉に手の動きを併せると効果的です。

また、手で指し示す時には、5指をしっかりとそろえる・・・などということも、細かいようですが
気をつけることで、好感の持てる「指し示し」になります。

普段のお仕事の中でも十分使えることもあると思います。
機会がありましたら、是非意識してみてください。

0

2010年6月2日に「アクションラーニングの進め方」の無料セミナーを開催いたします。

今回の講師は、弊社エグゼグティブ人材開発コンサルタントがアクションラーニングの実践的活用についてお話をいたします。

講師  :  株式会社アップライトラーニング エグゼクティブ人材開発コンサルタント
        著作 「人と組織を動かす カリスマな質問力」
            「人と組織を育てるリーダーの質問術 17手」 他

日時  :  2010年6月2日(水) 13:30~17:00

会場  :  青山SIビルセミナールーム
          東京都渋谷区渋谷1-1-11 6F

受講料  :  無料 (同業者のご参加はお断り申し上げます)

お申し込み・お問合せは、こちらまで  

           

0

ゴールデンウィーク最終日の5月5日から、某企業様の「インストラクター養成基礎研修」の5日間を弊社で担当させていただきました。
店舗での「接客」に関して、指導できる人材を育てるのが目的です。

どのようにするのか。 何故、そうするのか。 などをわかりやすく伝え、さらに見本を示し、質問にも答える・・・という細かなことが求められるのが、インストラクターの役割です。
言葉の取り方が人によって、違うのでこの「伝える」ということ、本当に難しいのです。

この研修では、インストラクターとしての基礎を学んて頂きました。
皆さん、わかっていはいるものの、四苦八苦。

「わかりやすく伝える」って、とても難しいのです。
このあたりは、私達、講師も同様です。

6名の方が自ら手を挙げて、インストラクター研修に臨まれましたが、合格者は一名。
でも、みんなこれからです。

今月下旬の新店舗オープン時のスタッフ研修が、デビューです。
私共も、精一杯サポートさせていただきます!

0

4月30日に全ての興行が無事にお開きとなりました。
この日「閉場式」が行われたチケットは、プレミアがつくほどだったようです。

私は、入手することが出来ませんでしたが、その様子はテレビなどで報道されました。
名残を惜しむ人、これからに期待する人、様々ですが、何と言っても世界遺産に登録されている歌舞伎、いわば国の宝を民間(主に松竹株式会社)で支えている・・・ということに大きな意義があるように感じます。
チケットの収益だけで運営しているのですから、ご苦労もあると思います。
だからこそ、ファンを大切に・・・ということで、スタッフの方のサービスが強く感じられます。

これからも文化遺産である歌舞伎を大いに愛したいと思います。

携帯・歌舞伎座.jpg

0

自らの国、経済、事業がいま直面する課題は何か、問題は何か、行うべき意思決定は何か、そしてそれらの課題、問題、意思決定に適用すべき基本と原則は何かを徹底して考えていただきたい。さらには、一人の読者、経営者、社員として、あるいは一人の知識労働者、専門家、新入社員、学生として、自らの前にある機会と挑戦は何か、自らの拠り所、指針とすべき基本と原則は何かを考えていただきたい。

【エッセンシャル版】 マネジメント -基本と原則ー  P.F.ドラッカー著
                                  (上田 惇生訳編) より

0