新年度がはじまって2週間経ちましたね!
各企業では新入社員の受け入れに忙しい時期かと思います。

もう少しして一段落するとよくあるのが、採用したものの「なんだか、ちょっと違ったな・・・」と感じてしまう、いわゆる「採用のミスマッチ」。

特にあまり大人数を採用していない中小企業では、割合と多く起きていると思います。

採用した側としては「何とか、活躍してほしい」と思うのですが、どうしたらいいのか・・? 悩むことも多いと思います。

本来なら、このようなことが起きないようにするのがベストです。これが起きるのは、会社の雰囲気と合わず、カルチャーとのミスマッチが多いように感じております。

とは言っても、実際に「採用のミスマッチ」が起きてしまったら・・・

本人も違和感を持っている可能性が高い

多くの場合、お互いに違和感を持っていることが考えられます。

本人にも「どう?」「入社して1ヶ月たったけど、どんな感じ?」と言うことをオフサイトで聞いてみるのは、どうでしょうか?

その場合、関係性の深い(仕事が近い、常に連携して仕事をしている、等々)人が本音を聞き出せると良いと思います。

その時に「どこに違和感を感じるのか?」も聞けると良いですね。

仕事内容で違和感を感じているのであれば、手立てはあるが、会社のカルチャーだと正直、難しいかと思います。

仕事内容とのミスマッチであれば・・・

一つの方法としては「異動」。
もし、本人が「異動もOK」と言うことであれば、移動先を提示しても良いかと思います。

もう一つは「仕事の中身を変えてあげる」。

これは、組織的なこともあるので難しい場合もありますが、例えば「営業に配属されたが、どうもうまくいかずストレスがたまる」と言うような場合。

まずは「どんなことがストレスになっているのか?」その本音を聞き出していくことが大切です。

「ただ何となく」で簡単に転換は出来ませんし、社員の本音が見えてきません。

本人とよく相談をしてみて「これは本当に仕事内容を変えた方が良いな」と判断したら、「営業から内勤に転換」といったことも考える手段ではあると思います。

カルチャーとのミスマッチの場合

会社の風土・カルチャーとのミスマッチは、本人にも周囲にも不幸ですね。

まずは採用時点でしっかりと企業風土や理念、働き方や雰囲気の本当のところを伝えることを徹底することが必要です。

採用した後に「本当にどうしても合わない」と言う場合は、どこかのタイミングで続かなくなってしまうことが多いと考えられます。

人間同士の相性なので仕方のない面もあると思いますが、意外と受け入れ側が採用したことで安心してしまい、放置してしまいがちなことが往々にして見受けられます。

特に中途採用の場合などはこの傾向が高いように感じます。

中途入社といえども入社後にチームに馴染めるように、気にかけ・声をかけていく必要はあります。そこの手を抜いてしまうと、せっかく採用した人がまた辞めていくことになりかねません。

入社した社員・受け入れ側の双方が「お互いにマッチさせていく努力」が必要だと、私は思います。

0

ベンチャー企業様などで、最初は創立メンバーの数名でスタートしても、企業が大きくなると同時に社員もだんだんと増えてきます。

そんな時によくご相談されるのが、こんなお話です。

「リーダーが必要になってきました。今いる社員からリーダーを育てるのが良いか、あるいは外からリーダー人材を入れるか・・・迷っています。どちらがいいんでしょうね??」

みなさんは、どう思われますか?

可能な限り、今いる社員を育てる方がベター

ケースバイケースだと思いますが、基本、今いる社員を育てていく方が良いと思います。

特に、何も言わずに、いきなり外から引っ張ってくると、既存社員が「信頼されていなかった」と思ってしまうことがあります。
その場合、新しく入ってきたリーダーとの関係も思わしくない状態になる可能性があります。

そうなると、せっかく、企業が発展するチャンスであるにも関わらず、人間関係で歪みが生じ、その修正に時間を取られる場合も出てきます。

最悪、社員が辞めていくことに繋がることもありますよね。

私は、基本、今いる社員の中からリーダーに育てていくのが良いと考えます。

まず「リーダー」に期待する役割を明確にする

まずは、会社として「リーダー」に期待する役割を明確にすることが大切です。

その上で、該当する社員に「リーダーになってほしい」ということを伝えていきます。そこは、具体的に会社として望ましいリーダー像を伝えることが、重要です。

時間がかかるかもしれませんが、会社としてリーダーにふさわしいと考える社員に、アプローチをしていきましょう。

しかし、そこまでしても、結果として該当する社員全員から「リーダーになりたくない」と言われてしまったら、、、

その時に初めて「外からリーダーを入れることを考える」というフェーズになると思います。

ただし、そもそも誰も「リーダーになりたくない」という組織にしてしまっていること自体、ものすごい問題だと思いますが・・・

外から新しくリーダーを入れる場合の注意点

小さな組織での状態で、社長の知人、友人をリーダーに引っ張ってくるのは、本来は避けるべきだと思います。

社長とリーダーの間があまりにも近くなり過ぎ、社員との間に溝が出来る可能性もあります。

社長と社員が十分に意思疎通が出来ていれば別ですが、そうであるなら「リーダーになりたくない」という社員はいないはずです。

ただ、どうしても外から入れるリーダーが、社長の知人、友人であるならば、リスクがとても高いことを認識し、社長は社員の方とよくコミュニケーションを取る必要があります。

同時に、外から入れた社長の知人、友人の方とも距離感を大切にし、知人、友人という立場から「社員である」という認識を双方がきちんと持つべきだと思います。

0

昨日、アメリカ・オレゴン州でPacific Dreams,Inc.(http://pacificdreams.org/)を経営している、酒井社長のセミナーを聞きに行きました。

酒井社長とは10年ほど前からお付き合いがあり、日本に帰国される折にはランチなどご一緒します。
その際、アメリカの「生の話題」を教えていただいております。(そのお話が結構、面白い!!)

実は、若かりし頃に勤めていた「三菱マテリアル」で同時期に在籍していたのですが、部門が全く違っていたので存じ上げずにいました。
10年前にひょんなことから出会い、その時に初めてそのことを知ってお互いにビックリしたことがあります!笑

ご縁は不思議ですね。

酒井社長は、日本に帰国すると様々なセミナーを開催されるのですが、アメリカに進出する企業などから絶賛されています。

今回のセミナーは「翻訳とリライティング」

昨日も、欧米向けに日本のホテルや旅館などがホームページに何を記載をすれば良いか? どのように記載すれば良いか? という要望が多かったそうで、そこに焦点を当てたセミナーでした。

タイトルは、「翻訳とリライティング」。つまり、ただ言葉を英語から日本語に。日本語から英語に・・・という翻訳は、もはや「翻訳」とは言わない。。。という内容でした。

「記憶に残るメッセージを伝えていくことが今は、求められるようになってきている」とのお話で、特にホームページなどは、マーケティングを意識したものにしていく必要があり、記憶に残るメッセージは不可欠ですよ〜〜とのことでした。記憶に残るメッセージとは・・・


Simple:単純明快
Unexpected:意外性がある
Concreteness:具体的である
Credibility:信用できる
Emotion:感情に訴える
Story:物語性がある

これらを踏まえたメッセージが記憶に残るそうです。ちなみに頭文字を取って“SUCCES”というそうです。

また、どうしても英語に訳せない単語は、

おもてなし、いただきます、お疲れ様です、わび・さび、引き継ぎ、担当者、忖度・・・

などは、英語に訳すことが非常に難しいとのことでした。(確かにね・・・)

そもそも「引き継ぎ」という概念はなく、あえていうなら“hand over”だそうです。
パワハラ、コストパフォーマンスも和製英語なので、これは「全く通じない」とのことでした。

(ちなみに、、、)


パワハラ → Abusive Conduct
コストパフォーマンス → Cost Effective

(なら通じるそうです。)

そして、「プロフェッショナルな響きのある英語を是非、使って欲しい!」とのことで、一例を挙げると・・・


Report → Update
Skill → Expertise
Understand → Grasp
Advanced → State of the arts
Use → Leverage

などだそうです。日本人が翻訳する英単語は、意外と「陳腐」と思われていることが多いそうです。へえ〜〜〜と思いました!

今アメリカで大ブームの日本人女性とは?

そして、アメリカでは今現在、「Kon Mari」が大ブームだそうです。

近藤麻理恵(通称・こんまり)さん・・・ご存知ですか?
34歳の片付けコンサルタントで、日本でも「人生がときめく片づけの魔法」という本がベストセラーになりました。

そして現在アメリカでも「Kon Mari」の愛称で人気となり、「ときめき」を”Spark Joy”と名付けて「Spark Joyの伝道師」というブランド作りに大成功を収めているそうです。

なんと、世界30カ国に300名以上の「Certified KonMari Consultants」を輩出しているそうです! びっくりですね〜〜

酒井社長の奥様(Eileen Sakaiさん)もハマっているそうです。笑

(アメリカでは、整理していらなくなったものは「寄付」という形で、それを扱う店舗があるそうです。そこで査定してもらった金額は、税金の控除対象になるそうです。日本なら「メルカリで売る」ところですが、文化の違いですね〜)

酒井社長の次回セミナーは2019年夏です!

酒井社長、次回は今夏に帰国されるそうです。
また、セミナーを開催されますので「ちょっと興味があるな〜〜」という方は、ご連絡くださいね。ご紹介いたします!!

0