SES企業で、お客様先に常駐しているエンジニアの「帰属意識」を高めるのに、とても苦労されている企業がたくさんありますよね。

どこの企業も色々と工夫をしていらっしゃいますが「何か、良い方法はありませんか?」と聞かれることが多いです。

今まで私がお話を伺って感じたり、考えたことをまとめてみたいと思います。

効果が薄い「あるある」施策

(1)イベント
飲み会・食事会・運動会・屋形船に乗る・・・などのイベントをしょっちゅう開催しても、飽きてしまうし社員の方は「帰社する意味がない・・・」と思ってしまうのではないでしょうか?

現場も忙しい中「わざわざ時間を取ったのにメリットがない」となってしまうと、社員の心はむしろ離れてしまうように思います。

情緒的な「仲間意識・絆作り」が意味を持つのは「一番最初の一時期だけ」だと思います。とは言っても他に手がないと、このようなイベントを開催することになりがちです。
 
 
(2)研修・勉強会
研修や勉強会もよく開かれますが、これもあまり効果が出にくいと感じます。

「知識を伝えるだけ」の研修や勉強会では、他の場所でも得られるものになってしまいますよね。

「自社でなければならない」という理由が、なかなか見つからないように思います。
 
 
(3)悩み相談・面談
これも良く企業としてやられるところが多いです。

日常接点が少ないからこそ「コミュニケーションを取りたい!」と企業側は、考えるのだと思います。
でも、そもそも接点が少なく、コミュニケーションがほとんど取れていない相手に、突っ込んだ悩みは相談しないですよね。

結局、表面的なやり取り「最近・・・どう??」「まあ。大丈夫ですよ、特に問題ありません」で、終わってしまうのではないでしょうか?

大事なのは、本当に役立つ・メリットがあるチーム作り!

1ヶ月に1回でも会社に行くことが「本当に役立つ・メリットになる・意義がある」ようなことを作っていく必要があると思います。

自社だからこそ、その場・その人たちだからこそ「意味がある」というものですね。
単に「仲良くする・思い出がある」ではなく、そして「単に知識が得られる」ということだけでもないこと・・・

その場に行くことで「問題解決になる/本当に役立つ気づき・学びが得られる」など、社員自身にとって役立つ・メリットになる「チーム」になっていることがとても大事なことだと思います。

必要なのは「チームビルド」

「チームワーク」ではなく、「チームビルド」が必要だと考えます。

「チームビルド」とは、単に一緒に何かをするだけではなく、メンバーが協力しながらも主体的に共通のゴールを目指すようなチームづくりを指します。

お互いに安全にコミュニケーションが出来て、コミットメントがあって、サポートをし合うような関係があり、それぞれが抱えている課題を「ここに来て相談すれば大きなヒントが得られる」という「チームがあること」。
あるいは、単に知識を聞くだけではなく、複雑で困難な現実の問題を解決するために相談できる「場」があること。

それを「チーム」で行うことに意義があると思います。

こう書くと「結局コミュニケーション取るのと同じでは?」と思われるかもしれません。
もちろんコミュニケーションは必須です。しかし、「コミュニケーションを取ること自体」が目的化してしまうと、その効果や意義は非常に薄くなります。
コミュニケーションそのものではなく、それを通じて「チームを作る」ことが目的です。

このようなチームがあれば、自然と人はそこにやって来るようになると私は考えています。そのような「場・環境」を整えていくのが、企業の大きな役割のように思います。

0

研修をすることの効果やその測り方・・・ということについて良くご質問を受けます。

特に企業の人事担当の方などは、社内稟議を通すためにも「どんな効果があるのか?それは定量的に測定できるか?」と言った点をクリアにしたいとお考えかと思います。

ここでは、一般的なビジネススキルについて「ワークショップ型」の研修をやることの意味や効果測定について考えてみたいと思います。

ワークショップ型研修の特徴とは?

そもそもワークショップ型研修とは、どんな特徴があるでしょうか?

これは、何と言っても「目の前に他者の存在がある」と言うことですね。
他の受講生や講師といった「自分以外の人」が、実際に同じ空間に存在するわけです。
この単純な特徴が、書籍やeラーニングなどとの決定的な違いを生みます。

つまり、この「目の前の他者の存在」によって、


・リアルタイムのインタラクションが可能
・face-to-faceのコミュニケーションも活発に行える

という、ワークショップ型研修の大きな特徴が生まれるのです。

さらに、こうした特徴によって、


・他者の視点から、大いなる気づきを得られる
・自分自身に対するフィードバックが行える
・コミットメントが可能であり、逆に必要である

と言った、ワークショップ型研修の大きな利点が得られます。

ワークショップ型研修の効果とは?

上記のような特徴から、ワークショップ型研修には大きく2つの効果があります。

(1)マインドセットが変化しやすい
研修で他者の考え方や価値観を見聞きすることによって、多くの気付きが生まれます。
知識だけでなく目の前の他者から多くの気づきを得ることによって、自分自身の考え方・価値観の幅が広がることにつながります。
つまり、「視点の広がり、多さ」を容易に受け取ることができる環境であると言えます。

(2)行動変容が起きやすい
行動が変わるきっかけが得やすく、受講者自身の「行動」が変わっていくことにつながることが多いように感じます。
つまり「あの人に出来るなら自分にも」とか、「人の振り見て我が振り直せ」、あるいは「人と一緒なら出来た!」・・・と言ったことが起こりやすい環境にあると言えます。
行動変容においては、こうした他者の介在が大きな力となることが知られています。

まとめると、ワークショップ型研修の効果は「内面&行動の両面の変化」が得られることですね。

こうした「内面・行動の変化」というのは、一見すると外見上現れにくい/現れるのに時間がかかる・・・といった部分だと思います。また、こうした点を変化させることは、単に「知識を得る」というだけでは難しい側面があります。

そのため、こうした「内面・行動の変化」にフォーカス出来ることが、ワークショップ型研修独特の効果と言えると思います。

ワークショップ型研修の効果測定

では、こうした「ワークショップ型研修の効果」は、どう測定したら良いでしょうか?

たとえば「知識を得たかどうか」と言った効果測定は、テストなどで定量的に測定することが簡単に出来ます。それに対して、「『内面や行動の変化』はどう測定していいか分からない」といったお声をよくお聞きします。

ただ、これは私の考えですが、むしろ「効果測定が難しく」なってしまう原因は、そもそも「どんな行動を・どんなマインドセットを・どう変えたいか・それはなんのためか」という点が、実施企業においてクリアになっていないことが多いように思います。

逆にそれらの点がクリアになっている企業では、効果測定の設計&実施は断然しやすくなります。
あるいは、もっと手前で「効果の実感」があることが多いように感じます。

つまり、、、


・こういう行動を・こういうマインドセットを
・こう変えたい
・それはこのため(結果としてこういう変化が現れてほしい)

という具体的な「意図」を持っているということですね。

そういう状態で研修を行えば、「その行動・そのマインドセット・それらの変化・その結果」が、
・どういう形で実際の業務の中で現れるか?
・それはどうすれば確かめられるか(測定できるか)?
といったことは、自然と決まってきます。そして「効果・変化の実感」も得られるのです。

残念ながら、そうした「クリアな意図」を持たずに研修を実施しても、あまり効果は期待できないように感じています。

効果的な研修・その効果測定のためには、まず「どんな行動を・どんなマインドセットを・どう変えたいか・それはなんのためか?」という点をクリアにすることが第一歩だと思います。

0