こんにちは! 上野昭代でございます。
毎年8月が終わりに近づくと、何となく「また、いよいよ始まる」と思うのです。何かと言いますと・・・弊社は8月が期末で、9月1日が創立記念日。そして、2018年9月1日より14期目がスタートしました。

14年前に一人で会社を立ち上げ、10年間はずっと一人で会社を運営して来ました。でもいつも「一人社長」という寂しさや何となく、経営者として一人前でないような気持ちをずっと私は持っていました。一人って、あまりにも気楽すぎるんですよね・・・
でも、4年前に新規事業を立ち上げるタイミングで、社名を変更し、社長として福田に入ってもらった時から私の気持ちがかなり変化してきました。「一人ではない」というのが、こんなにも心強いものなのか・・と心から思いました。何をするにも、何かを決めるのも、必ず相談してきました。だからこそ、ぶつかり合うこともありましたが、私にとっては、ぶつかるたびに、自分の価値観や思いこみなどが、少しずつほどけて行くようにも感じました。私としては、どうしても譲れないことがあった時、折り合いを見つけて行く、ということに考え方を変化させることも出来るようになりました。その時は、時間もかかり無駄な議論をしているようにも感じることがお互いにありましたが、そこを乗り越えて来たから、今は、お互いに物事を広く見ることが出来るようになってきたと思っています。
そうやって、自分たちも成長しながら「人のお役に立つ」という事業をどうすれば、展開して行かれるのか??を常に考えるようにもなりました。

13期は、いままでに無い激動の1年間でした。考え抜いた決断が「事業売却」。いや〜、本当に本当に迷いましたし、「判断」ではなく「決断」だったので、いろんな意味で、どうなるかわからない、未知への挑戦・・・でした。ただ、納得した「決断」は、次への力になるんだな・・・と実感しました。そして、いろいろな方に支えていただいているな〜と感謝し、だからこそ、この大きな決断も出来たように感じています。
そして、この14期は、少しずつ事業の形を変えつつ、新しい考え方、新しい価値観を受け入れながら、つまり、多様性を重んじ、でも、私が大切にしている軸はぶらさずに前に進み、少しでも世の中に貢献できる企業、そして、自分自身を目指したいと、思っています。
今期は、人材育成と組織作りをさらに発展させていきつつ、変化の年になるかと思います。上野、福田のコンビで、ウイルネス株式会社を前進させて行きます。

どうぞ宜しくお願い致します。

1