「景気が悪い」「経済状況が悪い」と言って、なんとか自分だけが生き残ろうと考える経営者がいます。しかし、いつの時代も大切なのは「共存共栄」なのです。

競争相手がいると「お客様がライバル店に行ってしまって困る」と考えがちですが、そうではありません。お客様はよく勉強していて、同じレベル店があっても、少しでも努力している店のほうに足が向くのです。

「売れ続ける理由」  ~1回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法~
                                     佐藤啓二著より          

0

この記事を読んだ人はこんな記事にも興味があるかも