大相撲の世界が、揺れに揺れている。
相撲協会が始まって以来の不祥事・・・ということで、春場所も中止になった。
ここ数年、さまざまな不祥事が明るみに出て、そのたびに「もぐらたたき」のように何とか表に出ている問題だけを片付けてきた感がある。
長年の組織の体質が、ここにきて大きく噴出してきている。今まで氷山の一角しか見えていなかったものが、まるで氷山がグルリと回転し、その裏側がすっかり丸見えになってしまったようだ。

組織の体制も去ることながら、力士への人間教育がどのくらいなされていたのか・・・とも思う。
まだ大人になりきらないうちに「相撲界」という特殊な世界に入り、真の意味での人間教育がなされないまま、その業界だけでしか通用しない人としての振る舞いに終始しているのであれば、やはり問題は積み重なる一方であるように思う。

この機会に大きく目を見開き、外の世界から学んでほしいと思う。
私は、ほとんど相撲は見ないが、やはり日本の伝統を担ってきたスポーツである。
放駒理事長がおっしゃっていたように、悪いウミを出し切り、新たな相撲協会に建て直してほしい。
そして、目に見えない「教育」の部分にも是非、光をあててほしいものである。

0

この記事を読んだ人はこんな記事にも興味があるかも