「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』
これは、昔から勝負の世界で言われている格言である。
勝負事には「幸運な勝利」はあっても、「不運な負け」はない。「負け」には何かしらの理由がある。
いったい何が負けの原因だったのか、きちんと検証し、反省する必要がある。
どんなに多くの時間と労力を使って努力をしても、どんなに立派な理論や作戦を構築しても、自分自身が選択し、決断したことには、責任を取らなければならない。

     
        羽生 善晴著  『大局観』   ~自分と闘って負けない心~ より

0

この記事を読んだ人はこんな記事にも興味があるかも