こんにちは! 上野昭代でございます。

初対面の時に必ず行われるのが、名刺交換。新入社員研修の時にも名刺交換は、必ずカリキュラムに入っています。特に日本人は「名刺交換好き」と言われていますね。

この名刺のルーツをさかのぼると、諸説あるようですが、約2000年前の中国と言われています。その頃は「紙」がなく、竹(竹のことを「刺」といった)を割って自分の名前を書いていたことから「名刺」と言われるようになった。あるいは、木片に名前を小刀などを使って刺して書いていたから「名刺」と言われるようになった。・・・など明確ではないようですが「名刺は中国発祥」というのは間違いないようです。ただ、使い方は訪問先が留守だった場合、「名刺」を戸口に刺して置いて来た・・ということに使っていたようです。

その名刺が、ヨーロッパに伝わり、特にドイツから広まったと言われています。ヨーロッパでは、社交界で使われ、最初は「トランプの裏に名前を書いて渡していた」そうですが、だんだんときらびやかで華やかな図柄になっていき、社交界では「名刺を持つ」というのがステータスだったようです。やがて、アメリカでも使われるようになり、日本でも名刺が使われるようになった、とのことです。
日本で名刺が使われ始めたのは、江戸時代と言われています。日本では、和紙に墨で名前を書き、最初は訪問先が不在だった場合に置いて来る・・・今の「不在連絡票」のような使い方だったようですね。やがて、幕末には印刷して使う人が増えて来たそうですが、その頃は、家紋の下に名前を書いた名刺が主流だったようです。研修では「名刺のロゴマークや名前の上には指など置かないようにします」とお伝えしていますが、その名残なのかもしれませんね。
そして、明治以降「鹿鳴館時代」の社交の場では、名刺はヨーロッパ同様に必須アイテムだったようです。今は、どこの国より「名刺」を重んじる日本。何しろ「名刺はその人の分身」などと研修でも言っています。笑 ただ、名刺にはその方の必要最低限の情報が載っているので、私はとても便利なツールだと思っています。時々、名刺交換をする時に「相手が差し出した名刺より下で渡す」などどされる方がいらっしゃいますが、いわゆるマナー的には「胸の高さで持ち、アイコンタクトを取って、名乗りあって同時交換をする」と言うのが、スマートです。

最近では、名刺の裏面にも凝ったデザインも多かったりしますね。ちなみに弊社は、一人一人、文言が違うメッセージが入っています。弊社の誰かと名刺交換をしていただいた際には、是非、裏面にもご注目ください!
いつも大変お世話になっているコピーライターの安井一郎氏のキャッチコピーです!

0

こんにちは! ウイルネス株式会社の福田一史です。
8月よりはじめた、経営者限定サロン「クラブあきよ」の第2回を開催いたしますので、お知らせいたします。

第2回は、9月の第3火曜日、【9月18日(火)の夕方18時から】とさせていただきます。
「クラブあきよ」の趣旨については、弊社上野からのご説明を以下に引用いたします。

交流会でも勉強会でもなく、経営者が自然体でスイッチオフできる場所を作りたいと思いはじめることにしました。
愚痴を言ったり、相談したり。GM上野昭代がなんでもお話を聞きます。
「がんばらない・つかれない・かっこつけない」そんな場に出来たらいいなと思っています。

参加費は無料ですが、お気持ちで手土産だけお持ちください。その日の参加者みなさんで楽しみましょう。

まずは私・上野のお知り合いやご紹介のある方のみとさせていただきます。経営者またはこれから経営者になるという方は、どうぞお気軽にお越しください。

今後も、毎月第3火曜日の夕方に開催していきたいと思っていますが、どうなることやら?

よろしくお願いいたします。

詳細・お申込は、以下のFacebookイベントページよりご連絡くださいませ。
https://www.facebook.com/events/306395076833753/

0

こんにちは! 上野昭代でございます。

先週の火曜日に、かねてよりお知らせをしていた「元赤坂 クラブあきよ」の第1回目を開催致しました。経営者限定で「日頃、困っていること、悩み、相談等々をゆる〜〜い感じで、話をすることが出来たら」という思いで始めてみました。昨日は、5名の経営者の方が、18時過ぎから三々五々、お集りくださいました。もちろん初対面の方もいらっしゃり、名刺交換からスタート!

なぜ、この会を開催しようかと思ったか・・・というと、普段、お邪魔している企業の経営者の方は、常に悩みを抱え、相談する相手を求めているように感じています。
よく「経営者は孤独だ」と言いますが、確かにその通りだと思いますし、私自身もそのように感じることが多々ありました。(今は、一緒に経営者として仕事をしている福田がいるので、ほとんど孤独感はなくなりました!)そんな同じように感じている方々の何かお役に立てると良いな〜と思い、開催を思いついたのがキッカケです。
・・・というと聞こえは良いのですが、実は前掲した、社長の福田に企画され、それに乗っかった!というのが正直なところですが、ただ、経営者の方といろいろとお話をしたい・・・と思ったのは事実です!

初回だったこともあり、何となくいろいろとおしゃべりをして終った・・・と言う感じではありますが、あと2回ほど、このままの感じで続けてみるつもりです。やりながら、何かが見えてくるように感じます!
もし、参加ご希望の経営者の方がいらっしゃいましたら、まずは弊社までご一報ください!完全にクローズな会で、原則、紹介された方のみ・・とさせていただいております。

0

こんにちは!上野昭代でございます。
これから、私が体験してきたさまざまなこと、私が考えるさまざまなこと、私が日頃思っているさまざまなことなどを書いて参ります。

先ず、ウイルネス株式会社とは、どんな会社なのか??
今から13年前に私、上野昭代が一人で設立した会社です。当時は、社名を「株式会社アップライトラーニング」といいました。
主に、「企業向けの研修」を生業としていこうと思い、立ち上げた会社です。無謀な私は何も考えずに設立してしまい「さて、どうすればいいかな?」と走りながら考え、突き進んで来た感じがします。
何をどうすれば良いのか? 良くわからない中で、東京商工会議所の会員になり「交流会」に参加したりしていました。でも、今から考えると本当に多くの出会いがあり、最初に研修を発注してくださった企業も交流会で知り合った社長からでした。その会社も設立したばかりで、社員の方が6名ほどいらっしゃり、その社員の方のビジネス基礎研修をご依頼いただきました。今から思うと、ずいぶんと稚拙な研修だったように思います・・・
(何故、私が研修講師として仕事をして行こうと思ったのか・・・といったあたりは、追々、お話して参ります!)

東京商工会議所の交流会では、ずいぶん、お仕事にもつながった出会いもありました。また、未だにおつき合いが続いている素敵な出会いもありました。「仕事をしていくのに、出会いとそのご縁は何より大事だな」と心の底から私は思っています。もちろん、弊社を助けてくれた「研修講師」の方の出会いも様々でした。

そんな皆さんに助けられながら、10年たったところで、会社として大きな転換がありました。新しい事業を立ち上げ、一緒に事業を進めて行く役員に初めて入ってもらい、そして社名を変更したのです。株式会社アップライトラーニングから「ウイルネス株式会社」となり、新しいスタートを切ったのが、2015年12月。そこから怒濤の2年になるとは・・その時には、想像もしていませんでした!(その怒濤の2年半のことは、またお話をさせていただく機会があるかと思います。)

そして、今は礎業である「人材育成」に注力していっております。が、「研修」というより「組織の土壌作り」という店に重きを置き、主に「代替わりしたての企業」「M&Aで違う文化を融合させていかなくてはならない企業」などが、組織の力を高めていかれるお手伝いを行っております。

こんな感じで、会社を経営してきて今年の9月から14期目に入る「ウイルネス株式会社」です。今現在、代表取締役二人体制で経営しております。もう一人が、2015年から一緒に「ウイルネス株式会社」の船に乗ってくれた福田一史です。私よりもずっとずっと若い今年35歳になる、一児のパパです。二人で行く営業先や交流会では、「どういう関係で一緒に会社をやられているのですが?」と聞かれることが多いのですが、ま、これもご縁があって!なんです。そのうち、だんだんと判明してきますが・・・でも、「良い、コンビですね!」と良く言われます。確かに、考え方、感じ方を含め、何から何までまったく正反対なのですが、それがかえって、お互いに良いのかな?とも思います。

経営に関しても二人とも、日々勉強が続く毎日ですが、何にでも挑戦していく私たちを是非、応援していただけると嬉しいです!!

2

こんにちは! 上野昭代でございます。

ブログ投稿をかなりご無沙汰して(=さぼって)おりましたが、また、再開します! 是非、お読みいただければ嬉しく思います。

会社を創業して来月、9月1日から14期目に入ります。今、振り返ってみても「なんで、いきなり会社を作ったのか?」と思うのですが、「先ず、やってみよう!」と突っ走ってしまう性格のようです。なぜ、この仕事をしているのか? この仕事の魅力・・・といったことは、追々、書いていきたいと思いますが、13年間、自分で会社を経営して来て思うのは、「会社経営は、全てが未知との遭遇!」です。だから大変だし、だから面白いと思うのです。私などは、経営者、といっても多くの立派な経営者からみると、隅っこの隅っこにチョコンといるだけの存在ではありますが、それでも、新しい期を迎える直前(つまり、今頃)には、「今年も何とか続いたな・・・来期も頑張ろう!」と思うのです。

本当にチッポケな会社ではありますが、失敗もたくさんありましたし(今もある!)、何より、会社を経営していなければ出会うことのなかった多くの方々と出会うことが出来、時にはそれがお仕事につながって・・・ということがたくさんありました。今、弊社の代表取締役社長の福田との出会いも、本当に不思議な出会いなのです。それら、全てが私の財産です。会社を経営する・・・って、このような財産を増やしていくことなのかもしれませんね。

8月決算のため、間もなく13期が終ります。そろそろ今年の振り返りと来期の目標を考える時期になりました!

1