こんにちは!上野昭代でございます。
これから、私が体験してきたさまざまなこと、私が考えるさまざまなこと、私が日頃思っているさまざまなことなどを書いて参ります。

先ず、ウイルネス株式会社とは、どんな会社なのか??
今から13年前に私、上野昭代が一人で設立した会社です。当時は、社名を「株式会社アップライトラーニング」といいました。
主に、「企業向けの研修」を生業としていこうと思い、立ち上げた会社です。無謀な私は何も考えずに設立してしまい「さて、どうすればいいかな?」と走りながら考え、突き進んで来た感じがします。
何をどうすれば良いのか? 良くわからない中で、東京商工会議所の会員になり「交流会」に参加したりしていました。でも、今から考えると本当に多くの出会いがあり、最初に研修を発注してくださった企業も交流会で知り合った社長からでした。その会社も設立したばかりで、社員の方が6名ほどいらっしゃり、その社員の方のビジネス基礎研修をご依頼いただきました。今から思うと、ずいぶんと稚拙な研修だったように思います・・・
(何故、私が研修講師として仕事をして行こうと思ったのか・・・といったあたりは、追々、お話して参ります!)

東京商工会議所の交流会では、ずいぶん、お仕事にもつながった出会いもありました。また、未だにおつき合いが続いている素敵な出会いもありました。「仕事をしていくのに、出会いとそのご縁は何より大事だな」と心の底から私は思っています。もちろん、弊社を助けてくれた「研修講師」の方の出会いも様々でした。

そんな皆さんに助けられながら、10年たったところで、会社として大きな転換がありました。新しい事業を立ち上げ、一緒に事業を進めて行く役員に初めて入ってもらい、そして社名を変更したのです。株式会社アップライトラーニングから「ウイルネス株式会社」となり、新しいスタートを切ったのが、2015年12月。そこから怒濤の2年になるとは・・その時には、想像もしていませんでした!(その怒濤の2年半のことは、またお話をさせていただく機会があるかと思います。)

そして、今は礎業である「人材育成」に注力していっております。が、「研修」というより「組織の土壌作り」という店に重きを置き、主に「代替わりしたての企業」「M&Aで違う文化を融合させていかなくてはならない企業」などが、組織の力を高めていかれるお手伝いを行っております。

こんな感じで、会社を経営してきて今年の9月から14期目に入る「ウイルネス株式会社」です。今現在、代表取締役二人体制で経営しております。もう一人が、2015年から一緒に「ウイルネス株式会社」の船に乗ってくれた福田一史です。私よりもずっとずっと若い今年35歳になる、一児のパパです。二人で行く営業先や交流会では、「どういう関係で一緒に会社をやられているのですが?」と聞かれることが多いのですが、ま、これもご縁があって!なんです。そのうち、だんだんと判明してきますが・・・でも、「良い、コンビですね!」と良く言われます。確かに、考え方、感じ方を含め、何から何までまったく正反対なのですが、それがかえって、お互いに良いのかな?とも思います。

経営に関しても二人とも、日々勉強が続く毎日ですが、何にでも挑戦していく私たちを是非、応援していただけると嬉しいです!!

2