こんにちは! 上野昭代でございます。

人とのご縁、つながりは、とても不思議なものを感じます。私が13年間、会社を経営してきて何度もこのご縁、つながりに助けられました。その中の一つをご紹介します!

私が起業した当時は「学生のインターンシップ」というのが、ほとんどなかったころで「学生と企業を結ぶ仲介会社」がありました。企業が仲介会社に登録すると、それを見た学生がその仲介会社を通して応募してくる・・・というシステムでした。起業したての私の会社に仲介会社の方が営業に来られ「登録しておくのは無料ですし・・・」などと言われ「もし、興味のある学生さんがいればいいかな」くらいの軽い気持ちで登録をお願いしました。
ところが、登録してすぐに「インターンを希望される学生さんがいます」と連絡があり、あっという間に面接、ということになりました。当日は、仲介会社の方が、その学生さんを連れて来られたのですが「次のアポもあり・・・」ということで、私とその学生さんと二人きりで面接をすることになってしまいました。話を始めると、どうも話が噛み合ない・・・笑

よくよく話を聞いてみると、彼は「創業したてのIT企業」を希望していたのです。「え、弊社は創業したてだけど、人材育成の会社で、ITとは関係ないのよね・・・」と伝えました。私は「では、残念ですがこの話はなかったことで・・・」と当然なるんだろうな・・・と思っていました。その学生さんは「少し待っていただけますか?」と言われ、その場で考え始めました。4〜5分ほど待ったでしょうか・・・返ってきた言葉が(今でも忘れませんが)「これも何かのご縁なので、やってみます。お願いします」という返事でした。そこで、もし彼が断っていたら・・・ひょっとしたら、今のウイルネス株式会社はなかったと思いますし、福田との出会いも多分なかったと思います。
こんなことがご縁で、その学生さんは(当時、早稲田大学理工学部の2年生でした)卒業後まで、弊社で一緒に会社を作ってくれたのです。早稲田大学卒業後、大手外資系のコンサルティング会社に就職し、その後、大手広告代理店に転職。今は、自分で起業し、会社の代表として大活躍しています!
その彼から広がった人脈の中で、かなりたってから福田との出会いにつながるのですが・・・(これは、また別の機会にお話致します)

そのようなご縁で、彼とは約3年ほど一緒に仕事をしました。学生とは思えないほど、いろいろアイディアを出してくれて、会社の基礎を一緒に築いてくれました。彼は金沢出身で、彼のご実家は印刷会社を経営されていて(今は、弟さんが会社を継がれる予定で会社に入っておられます)ご両親ともとても仲良くさせていただいております。そんなご縁で金沢とのご縁もとても深いのです。
でも、中には、1度お目にかかってそのままになってしまった・・・と言う方もいらっしゃいます。それは「一期一会の出会い」ということで、それもまた良し!ということだと思います。ただ私は、どんな出会いも一つ一つ、大切にしたい・・・という思いはいつも持っています。それが、ご縁であり、人と人とのつながりだと心から思っています。

1