「蜜蜂と遠雷」・・・直木賞を受賞した作品があります。

これは、ある国際ピアノコンクールを舞台にして書かれたものですが、モデルとなっているのが「浜松国際ピアノコンクール」。これは、3年に1度、浜松で開催される世界的にも非常にレベルの高い国際ピアノコンクールです。

幼少の頃からピアノを習っていた私は、ピアノコンクールにも興味があります!

昨年11月に第10回目が開催されました。才能のある若いピアニストが、世界から浜松に集まります。今回は、すでにプロのピアニストとして活躍している方(牛田智大さん)も参加する、と言うこともあり非常に注目されました。
コンクールは、一般公開され客席にお客様が入ります。そして、インターネットでリアルタイムで配信もされます。

このコンクールに出場するにはかなりの曲数を準備しなくてはなりません。
予選〜2次予選〜3次予選〜本線、と進みますが、ソロでの演奏、室内楽の演奏、そして、本線ではオーケストラと一緒にピアノコンチェルトを演奏する、ということでかなりの体力・精神力が求められます。

ピアノコンクールでは、通常、会場にあるピアノを使用します。バイオリンなどと違って「自分の楽器で弾く」ということは、ないわけですね。ちょっと、視点を変えて見てみると、ピアノコンクールは、楽器と調律師の方のコンクールでもあるように私は感じています。

例えば、この浜松国際ピアノコンクールでは、出場者は「3つのメーカーのピアノから予選前に、10分間で自分が弾くピアノを選ぶ」のです。
世界的にも有名なアメリカのピアノメーカー・スタインウェイ、そして日本のヤマハ、カワイの合計3社のピアノから自分に合ったピアノを選んで、本選までそのピアノで演奏をしていきます。

今回、本選には6名が進みました。6名全員が、日本のメーカーを選んでいたのが興味深かったです。もちろんメーカーのコンクールではありませんが、調律師の方は神経をピアノに注ぎ込んで最高の演奏が引き出せるように調律をするわけです。

今回、優勝したトルコのジャン・チャクムルさんが選んだピアノは、カワイのピアノでした。牛田さんは、日本人最高順位の第2位でした。(ピアノはヤマハ)
こうして、コンクールをちょっと違う視点から見てみるのも面白いように思います。次回3年後の11回目の時は、ボランティアとして参加してみたいな〜と思っています!

0

中学からの私の仲の良い友人が、

「高校の時からずっと勉強をしたいな〜と、思っていたことをやはり勉強しようと決心して、4月から大学3年生に編入することにした」

と連絡を貰いました。

私と同級生の彼女は、大学卒業後、銀行に入行して定年まで頑張って仕事をした人です。
その間、結婚をして、親の介護をして、忙しい毎日を過ごしてきて、ようやく今は自分の時間が十分確保でき、

「人生のまとめの時期にずっと勉強したいな・・・と思っていたことを勇気を出して、学ぶことにした」

というのです。

もちろん、学費もかかりますし、新しいことも覚えなくてはなりません。それより、彼女が言っていたのは、

「その勉強をしたから、と言って、ほとんど役には立たない。勉強したことを役立てて仕事をする、何か社会貢献が出来るか?と言ったら、多分ないと思う。でも、私は勉強してみたい」

ということでした。

私は、その強い思いが、ある意味社会貢献のように思います。

大学に行けば、多くの方との出会いがあります。刺激も受けるし、若い学生さんには社会人の先輩、人生の先輩として、伝えてあげられることもあると思います。

何より「学びたい」という気持ちが素晴らしいと思います。

「学ぶ」ということは、非常に幅広く、日々の仕事、日々の会話からも学ぶことはたくさんあります。どんなところにも「学びのタネ」は、あるのです。

「学び方」は人それぞれでも、生きている以上「学び続けることが何より大切」だと私は思います。私は、これから大学で学ぼうとしている友人を誇りに思いますし、応援し続けようと思っています!

0

最近は、とても手軽に写真が撮れるようになりましたね。スマホで、いつでも、どこでも、パシャっと撮影することができます。しかも画像がとても綺麗です。写真撮影が大変お手軽で、簡単になりました。そして、不要であればすぐに削除が出来る・・・とても便利になりました。

私が若かった頃は・・・写真と言えば、フィルムをカメラに入れて撮るしかなく(24枚撮りとか36枚撮り、とかありました!)旅行に行った時などは「フィイルムの残り枚数を気にしながら」撮った記憶があります。その後、「インスタントカメラ」なるものが登場しました。最近は、フィルムもインスタントカメラも売り場でお目にかかることは、少なくなってきたな、と感じます。そして、デジタルの時代になり、今では、スマホで誰でも簡単に撮ることが出来ます。すごい進歩だと思います。それにより、事業の業態を変えた企業もたくさんあると思います。

同時にあまりにも簡単に撮影できるようになったからか、「渾身の1枚」みたいな写真が少なくなりましたね。

残りのフィルムが1枚だったら・・・最後のシャッターを押す前には、構図にも気を配り、光の具合も気にかけ、いらない、余計なものが写り込まないように、本当に撮りたい物(人)に焦点を合わせて、慎重にシャッターを切りました。そして、出来上がりがどうなのか? フィルムをカメラから出し、写真屋さんに現像を出し、受け取りに行く時のワクワク感は、今でも忘れられません。「どんな風に撮れているだろう?」と想像しながら現像を待つのは、もう一度、写真を撮ったタイミングに時間を戻してもらうような感覚でした。

「あの場所で、撮った写真は、ちゃんと撮れているだろうか?」「夕方だったけど、みんなの顔に影がかかっていないだろうか?」などと、思いながら待つ時間も楽しいものでした。

私も最近は、すぐにスマホで撮りますが、たまには構図や光の具合、そして本当に撮りたい物(人)に焦点を当てた、私なりの「渾身の1枚」を撮ってみたいな〜などと思います。でも、やっぱり便利になったことは、良いことですね! 私のような機械オンチでも「それなり」の写真が撮れるのですから!!笑

0

今日、弊社の福田と話をしていて「考え事をしたり、集中して作業をする場所は、どこを好むか?」と言う話題になりました。

福田は、「アイディアを出したり、集中して作業をしたい時には、カフェに行く」とのこと。そして、壮大な考えをする時、つまり「人生レベル」のことを考える時には、自然がある中・・・海、山、森などで自然の空気をいっぱい吸って、考えるそうです。

私は・・・と言うと、「アイディアを出したり考えをまとめたりするときは、歌舞伎座の中」が、一番しっくりくるのです(笑)。
それも、自分が楽しみでワクワクする演目の時は、観劇に集中しますが、そうではなく、遠くからぼんやり舞台を眺めている時のあの空気感、時間の流れがとても心地よく、そんな中で考え事をすると、意外とスッキリしたりします。(福田には、信じられない!と言われましたが…(笑)

歌舞伎のセリフや三味線の音がBGMのように聞こえてくるのです。カフェなどですと、どうしても周りにいらっしゃる方が気になってしまい、集中できないのです。作業をする時は、私はオフィスが一番落ち着いて、出来ます。

ちなみに、どうしても歌舞伎座の中に入れない時には・・・歌舞伎座の近辺をひたすら歩くか、羽田空港の展望デッキで遠くの空に飛んでいく飛行機を見ながら考え事をします。(変ですかね??笑)

集中して物事を考える時、あるいは作業をする時に「自分にとって最高の環境を知っておく」ということは、効率的な動きにつながるように思います。皆さんが「集中する時の場所」は、どこでしょうか?ぜひ教えてください!

0

新しい年になって、1週間が過ぎました。皆さんは、初詣に行かれましたか?

弊社は、以前から「豊川稲荷東京別院」に初詣に行っております。昨年、たまたま豊川稲荷東京別院のすぐそばにオフィスを移転しましたが、その前からずっと初詣はここです。

この豊川稲荷東京別院では、「融通金」と言うのがいただけます。この「融通金」のお守りをお財布に入れておくと、お金が増える・・・と言われています。私も毎年、初詣に行った際に、新しい融通金をいただいて参ります。

ただし、当然ですが、そう簡単にお金は増えるわけではありません。それには努力も必要だと思っています!

この「融通金」は、本殿左側に「融通稲荷」と言う小さなお堂があり、そこに黄色の袋に入った「融通金」があります。この黄色い袋の中には、新しい10円玉が入っています。これは、誰でもいただけるのですが、初詣の際に新しい「融通金」をいただき、去年の融通金に少し気持ちを乗せて、お返ししております。

様々な神社でそれぞれのご利益がありますが、皆さんは、どこへ初詣にいらっしゃいましたか?
「行かない」と言う方もいらっしゃると思いますし、これも気持ちの問題だとは思うのですが、単純な私は「〇〇のご利益がある」と言われると、「行かなくちゃ」なんて思ってしまうのです。笑

ただ、「平和で、良い年になりますように」と願うのは、万国共通の願いのように思います。

0

こんにちは! 上野昭代でございます。
たまには、グルメの話題を!

少し前になりますが、弊社ととても仲良くして下さっている、システム開発会社、株式会社ザイファ(https://www.xiph.co.jp/)
さんの取締役(女性)の方と食事をしました。その日は「ゆっくり、話をしよう!」と言うのが目的で、久しぶりに銀座のコリドー街に出向きました。
どこのお店もとても混雑している中、私たちは、イタリアンのお店へ!

とてもカジュアルな雰囲気で、接客も感じよく、お料理も美味しくて、最後のデザートまで堪能しました! 私の好きなオリーブがたくさん出て来て、感激しました!(写真取り忘れました!笑)
話も弾み、これから「やりたいこと」を話ながら、二人で夢を膨らませました〜! 夢が膨らむ・・・って、いいですよね!!

関連ランキング:イタリアン | 新橋駅内幸町駅銀座駅

0

こんにちは! 上野昭代でございます。

私は、オフィスのある赤坂見附まで、通勤しています。朝は、かなり混み合う東京メトロ千代田線から銀座線に乗り継いでの通勤です。
先日、大雨の影響で遅れてきた電車に乗り込んだ時のことです。車内は、かなり混み合っていました。ほとんどの方がスマホとにらめっこ状態でした。濡れている傘や鞄を何とか、他の方に当たらないように場所を確保したところで、電車は発車しました。

次の駅から杖をついている足のお悪い方が、乗り込んでいらっしゃいました。年齢は、30歳くらいの女性でした。ドア付近だったため、かなり窮屈な体勢で、立っていらっしゃいます。フト、みると私の隣に立って、耳にはイヤホン、スマホに夢中の青年サラリーマンがいます。彼があと一歩、一歩だけ、奥に動いてくれると、私も少し動くことが出来、自動的に足のお悪い女性ももう少しラクな体勢になれるのに・・・

私は勇気を出して「すみません、あと一歩だけ奥へ動いていただけますか?」と声をかけました。イヤホンをしている彼には、聞こえるはずもなくスマホに夢中です。逆に足のお悪い女性が、私がしようとしていたことに気づき「大丈夫です」と言ってくれました。近くにいた方が、少しずつ動いて、彼女の体勢もラクになりました。

皆さんは、この状況、どう思われますか?

周りのことを全く気にせず、自分だけの世界に入り、自分だけが良ければ良いのかもしれませんが、せっかくいろんな人と共にこの世で生きているのです。もう少し周りを気にすること、そして、いろんな音を聞くことを心がけてみることも大切だと私は思うのです。

[Photo by Wry2010]

0

こんにちは! 上野昭代でございます。

人とのご縁、つながりは、とても不思議なものを感じます。私が13年間、会社を経営してきて何度もこのご縁、つながりに助けられました。その中の一つをご紹介します!

私が起業した当時は「学生のインターンシップ」というのが、ほとんどなかったころで「学生と企業を結ぶ仲介会社」がありました。企業が仲介会社に登録すると、それを見た学生がその仲介会社を通して応募してくる・・・というシステムでした。起業したての私の会社に仲介会社の方が営業に来られ「登録しておくのは無料ですし・・・」などと言われ「もし、興味のある学生さんがいればいいかな」くらいの軽い気持ちで登録をお願いしました。
ところが、登録してすぐに「インターンを希望される学生さんがいます」と連絡があり、あっという間に面接、ということになりました。当日は、仲介会社の方が、その学生さんを連れて来られたのですが「次のアポもあり・・・」ということで、私とその学生さんと二人きりで面接をすることになってしまいました。話を始めると、どうも話が噛み合ない・・・笑

よくよく話を聞いてみると、彼は「創業したてのIT企業」を希望していたのです。「え、弊社は創業したてだけど、人材育成の会社で、ITとは関係ないのよね・・・」と伝えました。私は「では、残念ですがこの話はなかったことで・・・」と当然なるんだろうな・・・と思っていました。その学生さんは「少し待っていただけますか?」と言われ、その場で考え始めました。4〜5分ほど待ったでしょうか・・・返ってきた言葉が(今でも忘れませんが)「これも何かのご縁なので、やってみます。お願いします」という返事でした。そこで、もし彼が断っていたら・・・ひょっとしたら、今のウイルネス株式会社はなかったと思いますし、福田との出会いも多分なかったと思います。
こんなことがご縁で、その学生さんは(当時、早稲田大学理工学部の2年生でした)卒業後まで、弊社で一緒に会社を作ってくれたのです。早稲田大学卒業後、大手外資系のコンサルティング会社に就職し、その後、大手広告代理店に転職。今は、自分で起業し、会社の代表として大活躍しています!
その彼から広がった人脈の中で、かなりたってから福田との出会いにつながるのですが・・・(これは、また別の機会にお話致します)

そのようなご縁で、彼とは約3年ほど一緒に仕事をしました。学生とは思えないほど、いろいろアイディアを出してくれて、会社の基礎を一緒に築いてくれました。彼は金沢出身で、彼のご実家は印刷会社を経営されていて(今は、弟さんが会社を継がれる予定で会社に入っておられます)ご両親ともとても仲良くさせていただいております。そんなご縁で金沢とのご縁もとても深いのです。
でも、中には、1度お目にかかってそのままになってしまった・・・と言う方もいらっしゃいます。それは「一期一会の出会い」ということで、それもまた良し!ということだと思います。ただ私は、どんな出会いも一つ一つ、大切にしたい・・・という思いはいつも持っています。それが、ご縁であり、人と人とのつながりだと心から思っています。

1